読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青葉の放言

大学生の戯言を綴っています。身の回りの出来事から政治・社会問題に至るまで雑多なことを書き連ねております。

2017年の「危機管理」論❷

「0.1%」が起こってしまったときの日本はどうなる? これまで、朝鮮半島の現状について書いてきました、この文章で本当に書きたいのはここからの話です。前半で、日本の中枢機能がマヒしてしまう確率は0.1%程度だろう、ということを書きました。その0.1パ…

2017年の「危機管理」論❶

はじめに ミサイル。先制攻撃。そんな物騒な言葉が、メディアを賑わせています。朝鮮半島で戦争が起きるのではないか。それに日本も巻き込まれていくのではないか。SNSを中心に不安の声が多数挙がっています。 今日は日本の危機管理について、考えてみたい…

2016年から2017年へ――転換期としての2010年代――

カテゴライズする便利さとカテゴライズする危うさの淵に我々は立っているのだということを、今、我々は噛みしめなければならない。ロゴス(論理)とパトス(感情)、あるいはtruthとpost-truth、あるいはエリートと民衆というような対立軸を作って、語る、正…

仕事はそこにあるか――自由貿易とAIの波のなかで

トランプ氏の就任演説 昨日、トランプ氏がアメリカ合衆国大統領に就任しました。就任演説で語られたのは、確かな「価値観」だと私は感じています。ブッシュには「民主主義の敷衍」という価値観が、オバマには「マイノリティへの寛容」という価値観が、それぞ…

トランプ大統領の誕生に寄せて②~メディアと市民のズレ~

ノーベンバー・サプライズがもたらすもの 今日も、全米各地でデモが起こっています。”No my president!”の掛け声とともに、大勢の人が街を練り歩く姿をみて、選挙結果の衝撃の大きさを改めて感じているところです。選挙戦最終盤にも何が起こるかわからない、…

トランプ大統領の誕生に寄せて①~トランプ氏勝利の理由~

昨日午後、「トランプ大統領」が誕生する見込みとなりました。この結果に驚いた方も多かったと思います。日本のテレビ局はこぞって驚きとともに大統領選の結果を伝えました。経済的にも大きな影響が出ています。日経平均株価も1000円以上値下がりし、また為…

「お気持ち」表明の本当の意味

はじめに 一か月以上に及び記事を更新できませんでしたが、ここからまた少しずつではありますが更新を続けていきたいと思います。 衝撃的な「生前退位」 7月の半ば、衝撃的なニュースが飛び込んできました。今上天皇が「生前退位」の意向を示された、という…

参院選総括② そもそも「憲法」って何だ?

「憲法改正」へひた走る人々 参議院選挙の結果を受けて、改憲の機運は高まりを見せています。安倍首相も12日の会見で憲法改正への意欲を示しました。 懸念すべきは、「憲法改正」が目的化していることです。戦後のマッカーサー占領下で起草され制定された憲…

参院選総括① すれちがい選挙の果てに

「歴史的選挙」の「つまらない結果」 先日行われた参議院選挙において、与党が勝利しました。なんとも予想通りの結果で、(政治に「面白い」という言葉は相応しくないのかもしれないけれど)正直いって面白くない結果だったことは間違いありません。「歴史的…

投票に行くべき理由・行かなくて良い理由

投票せずじまいの私 明後日10日は参議院議員選挙の投票日となっています。選挙権が18歳以上に引き下げられたことで非常に注目度の高い今回の選挙ですが、期日前投票、不在者投票も進んでいます。各地で期日前投票の投票率が発表されていますが、前回よりは上…

Brexitの衝撃~今後のシナリオをみる~

Brexit Shock 昨日午後、世界に激震が走りました。イギリスで行われていた国民投票により、同国のEU離脱が決定したのです。そしてこれはEU圏のみならず、日本やアメリカにも大きな影響を及ぼしました。日本では、急激な円高と株安が進み、経済ニュースとして…

舛添問題の本質〜雑なメディア報道に触れて〜

しばらく記事を更新できずにいます。PCの損傷によりネットを使用できずにいるためです。ただし、舛添問題についてどうしても言いたいことがあるので、簡単ではありますが、スマホから投稿したいと思います。 雑な報道ばかり 何が問題かというと、それは舛添…

月9「ラヴソング」は面白くない?③

ヒューマンドラマとしての『ラヴソング』 ここからはやっと『ラヴソング』のプラスの面に光を当てて書いていきたいと思います。 ここまでさんざん書いてきて言うのもなんですが、『ラヴソング』は2つの点でドラマ史に残ると私は思うのです。その2つとは、①社…

月9「ラヴソング」は面白くない?②

昨日は、月9ドラマ「ラヴソング」がマズい状況にあることを、データを参考にしながら確認しました。その原因の一つとして「月9」というブランドそのものについて考えてみました。( 月9 「ラブソング」は面白くない?① - 青葉の放言 ) 今日は、ラヴソング不…

月9 「ラヴソング」は面白くない?①

下げ止まらない視聴率 フジテレビ系月9ドラマ「ラヴソング」の視聴率が下げ止まりません。9日夜に放送された第5話の視聴率が8.4%を記録したことが、昨日、わかりました(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。第5話までの平均視聴率は、単純平均で9.2%(加重平…

サーティーワンの行列写真を語る

サーティワンの100円セール 本日、サーティーワンアイスリーム各店では、1日限定の100円セールが実施されています。Twitterのタイムラインはアイスの写真で溢れていましたし、店舗前の行列を映した写真は多くの人にリツイートされていたようです。 天邪鬼な…

パスワードの管理、めんどくさくないですか?

お断り この文章は、パスワード管理について専門的な見地から述べたものではありません。パスワード管理の仕方をお求めの方は、別のサイトをご覧ください。 多様化社会の中で 最近、私はいろいろなサイトやアプリを利用します。そこで感じるのは、Twitterや…

トランプが抱える影とそれを照らすもの②

2020年の世界~最悪のシナリオ~ 2020年といえば東京オリンピックの年ですが、同時に、今年選ばれる大統領が4年の任期を終える年でもあります。もしトランプ氏が大統領になった場合、今年以降の4年間はどうなるのでしょうか。私の妄想にしばしおつきあいくだ…

トランプが抱える影とそれを照らすもの①

「マトモ」さを認めた先にあるもの 昨日までの拙文の中で見てきたのは、 ①トランプ氏の「ヤバさ」は、エスタブリッシュメントにとっての「ヤバさ」であるということ ②プア・ホワイトと言われる多数派が、アメリカの未来をトランプに賭けているということ で…

実はドナルド・トランプが一番「マトモ」かもしれない③

(2)トランプに救いを求める人たち ①苦しんできた「プア・ホワイト」 アメリカの現状を考えたとき、アメリカの一定数の有権者にとっては、トランプこそが一番「マトモ」な候補者でした。その一定数の有権者とは、エスタブリッシュメントではない、貧しい白…

実はドナルド・トランプが一番「マトモ」かもしれない②

1.インディアナの結果を受けて (1)結果からわかること 大方の予想通り、トランプ氏がインディアナ州の予備選で圧勝し、共和党の指名獲得を確実にしました。さらに、2番手でトランプ氏を追いかけていたクルーズ氏が撤退を表明しました。残るは穏健派のケー…

実はドナルド・トランプが一番「マトモ」かもしれない①

まもなくインディアナ州予備選の結果判明 日本時間4日昼、現在インディアナ州行われている共和党予備選の結果が判明します。最新の世論調査によると、不動産王のトランプ氏が2位のクルーズ上院議員に10ポイント以上の差をつけて大量リードしているようです。…

ブログ開設にあたって

ご挨拶 本投稿をもちまして初投稿となります。感じたこと、考えたことをできる限りそのまま記して行けたら良いと思っております。今後ともどうぞよろしくお願いします。 SNSの限界 なぜブログを始めようと思ったか、というところから話を進めます。その理由…